電気工事業者おすすめの設備【コストが安くなるオール電化住宅】

オール電化を取り入れることで

旧い設備の交換を依頼する場合、思い切って家全体をオール電化リフォームするという方法も選べます。

暖房とお湯のコストを安くできる
従来の給湯器はガスや灯油を使って水を温めますが、オール電化住宅の給湯器は電気を使ってお湯をつくります。深夜帯は電気料金が安くなることを利用し、深夜電力を使って温めることができるので、買い替えることでコスト削減ができます。
基本使用料をまとめることができる
ガス代や電気代などの光熱費は、いままで使用した分だけ料金が発生するというわけではありません。最低限の基本使用料を支払うため、ガスをほとんど使っていない人でも高い光熱費を払うことになります。住宅をオール電化にすれば、ガスの基本使用料を支払う必要がないので、少しの節電でも光熱費を大きく削減できるようになります。
安全に生活ができる
ガスを燃焼させるコンロや給湯器を使わないので、ガス漏れや火の引火による火災を防げます。また、給湯器の不完全燃焼により発生した一酸化炭素中毒も発生しないため、事故の発生リスクが少なく安全に生活ができます。

更に省エネを意識している人は

オール電化による省エネ効果をさらに高めるには、翌日に使用するお湯や暖房量を余分がないように設定する必要があります。安い深夜帯に十分な量を溜められれば、お湯切れによって日中に高額な費用を払わずに済みます。また、生活スタイルごとに合わせ、電力消費量が高くなる時間帯の電気代を、安くするプランに入るのも効果的です。

TOPボタン