アンテナの修理・取り付けを行なうタイミング

使用しているアンテナに何らかのトラブルが起きた際は、アンテナ修理か取り付けを依頼しましょう。

設置して10年が経過した場合
基本的にアンテナの耐用年数は10年です。この10年を超えている場合は、アンテナに修理が困難となる腐食が起きている可能性があります。耐用年数を超えているアンテナは、修理をしてもすぐに不具合を生じさせます。思い切って交換することもコストパフォーマンス的には重要です。
2つあるテレビの映りが悪くなった
複数のテレビの調子が同時に悪くなったというなら、ほぼ確実にアンテナに問題が現れたと判断できます。電気工事業者は、アンテナのすぐ近くで電波強度の計測を行ない、きちんとアンテナが機能しているかを確かめます。電波強度が低い場合、方向調整やアンテナ・輻射器の交換によって対応します。
風でアンテナの向きがズレてしまった
強風によってアンテナがズレた場合、電波レベルが最大になる方向へ位置を調整し、しっかりと固定を行ないます。衛星放送の場合、ズレの修正を行なうのは非常に難しいため、自力で行なわず必ず専門の電気工事業者に依頼しましょう。

アンテナ取り付けは業者に依頼したほうがいい

アンテナ工事は家電量販店でも行なっていますが、量販店のスタッフは専門家ではないので、取り付けはできても修理などを行なうことはできません。下手に依頼すれば、簡単な修理で済むのにわざわざアンテナ交換をされてしまい余計な費用を請求される可能性があります。電気工事業者はアンテナ工事における多くの知識を有しているので、どのようなアンテナの問題にも安く適切に対応できるでしょう。

目立たない場所に設置できますよ

屋根

屋根に取り付けるアンテナが気になるという人であれば、デザインアンテナの利用がオススメできます。形状は四角い立方体であるため、外壁に取り付けても家の見た目を悪くすることはありません。また、屋根裏に設置する屋内用アンテナの利用も、家の外観を阻害しない効果的な方法です。どちらも屋根の上へ設置しないので、風雨や雪などの影響を受けず、経年劣化を抑えられるというメリットがあります。

TOPボタン